商社にてECサイトのデザイナーをしています。

扱っている商材はインテリアで、モール内で売り上げ1位になる事もあるぐらい、売り上げは高い店舗を担当しています。

日々、数字を追う地味な仕事ではありますが、クリエティブ要素も強い為、個性の強い方が多い印象。

自由人が多く、また、近年は求人数も多い為、1-2年で他に移ってしまう人も。

今の仕事内容は好きな商材だし、地味だけれど私にあっていておおむね満足しているが、1つだけ厄介な事がある。

それは同じポジションだけれど私より4年長くいる、この会社ではベテランにあたる40代半ばの女性。

小柄で細くて、見た目は大変若くて、しゃべり方や服装などからも大人の女性というよりは『可愛い女の子』がそのままおばさんになったような・・・実家ぐらしで恋人もいない独身。

第一印象としては、可愛らしくて優しいおばさんで、ちょっと笑い方がぎこちないがシャイなんだろうなあ、というぐらいの印象。

担当しているサイトの売り上げは大変高く、当初は尊敬して色々な技術を盗もうと注目していたが、次第に彼女の異常性に気づいてしまった・・・。

別のサイトを担当しているとはいえ、自分のサイトに対する愛情がかなり高く、例えば私が担当してるサイトにだけセールをした場合は不機嫌になり、担当営業を別室に呼び出して、過去のよくわからない出来事をぶちまけて仕事を妨害してくる。

自分のサイトの素材を盗んだ、データを勝手にダウンロードした、施策をマネした、等のまだあるかもしれない物ならまだいい方。

自分に興味のあるはずもない男性社員が『私を見ていた』『狙ってる』『付き合っているという噂を流している』など、ありもしない事をいいだし、ストーカーだといって騒ぐ事も。

いい年したおばさんにこんな事を言われて、生理的な耐えられるなくなって辞めたデザイナーも多数・・・。

また、自分の担当しているサイトの売り上げが低いと最悪。

基本的にうちの会社は1人1サイト担当なので、全員条件は同じなのだが、『私は1人で頑張っている』『人を雇え』と回りにわめく。

それでアルバイトをいれても、1つの小さいミスでキレてクビにするか、無視をして参らせて辞めさせている。

自分に学歴はないのを気にしているのか、有名美大などを出ているアルバイトがミスをすると『学歴詐欺』と言い出す。

また、自分に男っけが無い分気になるのか、酒好きだったり夜遊び好きだったりする女性には異様に厳しく、『男目当てで転職している』など、よく知りもしないで言い触らしている。

ちなみに、私も酒好きなので影で言われているのだろう・・・『誰にでもいい顔する』『いい子ぶっている』などと言われているらしい事はすでに確認した。

また、WEB担当者としては良い事なのかもしれないが、猜疑心が異様に強く、以前彼女の携帯電話がハッキングされたといって騒いでいた事だあった。

話を聞く限り、どうもそんな事は無いようなのだが、一日それで休んで、全ての登録アドレス・番号を変えたらしい。

その後、全く関係ないルートから、会社の偽サイトが出来ているという話を聞いたら、彼女はそれを自分が以前いたアルバイトにLINE経由で会社の住所を教えた事があり、その内容がハッキングされてうんぬんなど、全く意味のわからない事を言って怯えていた。

そんな事があり、みんなに嫌われているがクビにされないのはサイトの売り上げが高いから。

また、本人も破天荒な事をしながらも、ギリギリのところで偉い人の前では時勢したり、普段は謙虚にしたり、クビにならないように努力はしている様子。

実力があるのは確かだは、はっきりいってついているサイトに恵まれている部分が大きく、彼女の替わりになる人はいくらでもいる。

過去に彼女のせいで辞めた人の数を考えると今すぐにでもクビにするべきだと思うのが、上の人がデザイナーに関する知識がなく、彼女がそれでもいる価値のある存在だと感じているようだ。

しかし、彼女のような社会不適合な人格を持つ、学歴のない女性でも働けて評価されているのがから、ECサイトのデザイナーというのは今とても狙い目の職種なのかもしれない。

いわゆるデザイナーを目指す人にとってもはやりがいのない仕事かも知れないが、自分の作った物が直に数字に変わる感覚には快感がある。

また、いいところでもあり、悪いところであるのだが、撮影からページ制作、セール施策等、全てを1人で出来るので大変ではあるがディレクションから制作、その全てに携われる。

ファッショナブルではなく、エッジーでもなく、とっても泥臭いが、創作意欲は刺激され、人に見られる快感を味わえる。

一流の映画のエキストラになるより、学生の自主制作映画の主役が好きなクリエイティブには向いていると思う。

しかし、そんな1人でやる体制の中で、売り上げが高くなっていくと彼女のようなモンスターデザイナーも時として誕生するから注意が必要ではある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です